potato deli Mameta

Conceptコンセプト

potato deli Mameta

高橋農園のじゃがいもを、
北海道にも負けない紫波の名産に!

Potato deli Mameta(ポテトデリマメタ)は紫波のじゃがいも生産者、高橋農園がお届けするじゃがいも料理の専門店です。

岩手紫波で育った野菜を使い、お客様に「ごちそうさま!また食べたい!」と言っていただける、安心で安全な加工食品を提供いたします。

高橋農園で生産される各種じゃがいもを、北海道にも負けない紫波の名産にすることを目標としています。

安心・安全でおいしいじゃがいも料理をお楽しみください。

potato deli Mameta の意味

ポテトデリのデリは「デリシャス」、「デリカテッセン」、「デリバリー」それぞれのデリを意味しています。
Mameta の「まめ(忠実)」とは、よく働くこと、誠実であるという意味です。
Mameta は「まじめで良く働き、常にお客様の健康を願い、誠実にものづくりをする」という事業にかかわる人の決意が込められています。

Mameta の由来

Mameta 店長の高橋 和久が京都のお寺に泊まりに行ったとき、岩手から一緒に行ったグループ内で、あだ名を付け合いました。
そこでつけられたあだ名が「豆村 豆太」というものです。たった数日間でしたが、店長の中に残っているあだ名です。そこから「Mameta」は生まれました。

Shiwa agriculture manager think店長の紫波農業への想い

紫波 高橋和久

若い人が思う農業がしやすい紫波町に!

紫波町は、色々な種類の農作物が栽培できる恵まれた場所にあります。
そんな中で、新規就農者と、その地元農家とがより良い関係を築き
技術の向上と後継が出来る紫波町の農業環境を創りたいと思います!
その想いで、このマルシェにお店を構え、改めて生産者と消費者
新規就農者と地元農家、それらを繋ぐ接着剤になりたい。

potato deli Mameta(ポテトデリマメタ)店長

高橋 和久